この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

特許取得実績がある会社

特許取得で得られること

これまで数多くの精密機械部品の製造や開発をしてきた新亜光学工業株式会社ですが、特許の申請も積極的にしています。2014年の光量調整装置をはじめ複数の特許取得をしており、発明における技術面の高さも確認できます。

特許取得には認可が下りるまで1年以上掛かる場合があります。また、申請によって費用も掛かります。しかし、特許取得しないで情報公開をすれば、同業他社が模倣品として製造する可能性があります。自分のアイデアが盗まれることになり、マイナスの原因となってしまいます。

特許を取得すればその心配がなくなるうえ、必要であれば相手からライセンス料をもらい使用する流れになります。しかし、ライセンス料の問題抜きに、可能な範囲で自社のアイデアを相手に提供しています。技術を高めるために、お互いにwin-winになるサービスを目指している会社です。

実は会社や社員を守ることになっている

複数の特許取得実績がある新亜光学工業株式会社。特許取得により、社員のモチベーションに対して信用の観点以外でプラスに作用することがあります。

例えば、精密機械部品の開発や製造には多くの時間を割いています。それを簡単に相手に盗まれてしまっては、社内での管理面における不安を抱かせかねません。モチベーション低下に繋がり、仕事の質を低下へと招く可能性が増します。

特許を取得すれば、アイデアを盗まれる心配がないうえ、必要な時はライセンス料を受け取れます。また、新たな製品開発が必要な時には、設備投資や研究に掛かる費用が発生します。ライセンス料だけでなく金融機関から資金調達をしやすくなり、質の高い精密機械部品の製造ができるでしょう。


TOPへ