この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

職場環境の良さも精密機械部品づくりに活かされている

社員間での助け合い

精密機械部品の製造において、企業に商品を届けるまでの納期の問題があります。新亜光学工業株式会社には手先が器用な社員は多いです。しかし、一部の仕事に対して苦手意識を持つ社員はいます。その人が仕事をすれば、時間が掛かってしまったり心理面で負担が大きくなりかねません。とはいえ、仕事が得意な人や意見をあまり言わない人だけに偏ってしまっても、却ってトラブルの原因になります。

新亜光学工業株式会社は、社員間で助け合うのを1つのコンセプトにしています。可能な範囲仕事に偏りが出たり苦手な人にはその仕事をしないように調整をするうえ、必要に応じてサポートを受けることができます。その分質の高い精密機械の部品づくりができるうえ納期も守れるため、お客さんから信頼されているのです。

積極的な休暇取得ができる

精密機械部品の注文を多く受けている新亜光学工業株式会社。注文が多くない時はありますが、複数来るケースも少なくありません。時には大量の依頼をお願いされることも。納期の調整も行いますが、急ぎの案件であればそれが難しいかもしれません。残業が必要となり、蓄積すれば体力面や心理面の負担が大きく掛かるケースも想定されます。

新亜光学工業株式会社では、繁忙期の前後に積極的な休暇取得をしやすい職場です。家庭の事情などの理由で積極的に休暇取得を申し出る社員はいますが、あまり休みを取ろうとしない社員もいます。その場合も先輩や同僚が声掛けをして、可能な範囲で休暇取得を促します。健後面の配慮を大事にしており、余計なミスやロスが起こりにくいのも、世界に誇れる精密機械部品の製造に活かされています。


TOPへ